秋田県仙北郡美郷町六郷字熊野226-1

  トップページ   会社概要   業務案内   役員紹介   今月のお庭作業   会社案内図   樹木医BLOG
秋田県大仙市・美郷町の造園工事店/(有)高橋造園土木公式ブログ 2012年03月02日
地元のマツのマツノザイセンチュウ病の判定結果が出ました。
残念ながら罹患していました。

senchu[1]

うようよいます。

かかってしまったら、死を待つのみです・・・。

そしてこの木から6月から7月の間に、この線虫を体に蓄えた「マツノマダラカミキリ」という小さなカミキリムシが飛び立ち、他の健全なマツの葉を食べる事により被害が拡大します。

なのでカミキリムシが飛び立つ前、5月頃までにこの木を伐採し破砕処理、もしくは薬剤でくん蒸処理をすると、この恐ろしい病気の拡大を未然に防ぐ事ができます。

心当たりのある方はお気軽にご相談ください。

マツノザイセンチュウ病は罹患すると最後、治療が不可能なためほぼマツが枯死する恐ろしい病気です。世界四大樹木病害とも呼ばれています。現在この病気の猛威で日本の東北以南の赤松は壊滅状態です。その病気の疑いがあるマツが近所で発見されました。枯れた原因を調べて、処置をしないと更に被害が拡大します。その調査依頼
でマツノザイセンチュウ病の判定中です。
 
罹患していれば、顕微鏡でマツノザイセンチュウという1mmの線虫が確認できます。

いないことを祈ります。マツノザイセンチュウ病は予防が大切です。最も有効な予防法は今の時期の薬剤注入です。赤松を植えられているかたは是非とも予防してください!